夜もすがら

老後資金を貯めるためのブログ

好きな作家とジャンルについて書いてみる。

趣味は読書です! 

と言えるほど、ここ数年なかなか読めていませんが、読書が大好きです。

f:id:yomosugarax:20200922224750j:plain

18年の歳月を経て再び十二国記にどはまりする

ここ最近でもっとも夢中になったのは、昨年発売された小野不由美さんの『十二国記』の新刊。続巻を待ち続けて18年。しかもなかなかに蛇の生殺し状態のところで中断してからの18年ですから!!!

発売情報が流れてからも「どうせ番外編でしょう?」とか「どうせ無期限に延期されるんでしょ?」とか、発売寸前になるまで信じることができませんでした。まさか本当に本篇の新刊が発売されるとは、思っていませんでした! 

今回、計4巻刊行されたのですが、4巻揃うまで読むのを我慢して一気に読みました。世界観が重厚で、中華的な話なので、めちゃ多い登場人物の名前もすべて漢字のうえにあざなまでとびかい、読むのに時間がかかるかかる。それこそ2日間、寝食をわすれて読み耽りました。

小野不由美さんって「そこをもうちょっと詳しく読ませて…!」的な、読者心をくすぐるというか、手玉にとるような焦らし方が絶妙にお上手で、今回も空想の世界に行ったままなかなか帰って来られませんでした。

その「もうちょっと」のところを次巻で読めたらいいけど、もう出ないでしょうね(ネガティブ思考w)。でも、18年間抱き続けたもやもやの行きつく先には辿り着いたので、満足はしてます。

今回久々に読んだことではまりすぎて、既刊分は講談社のWH文庫版を持っていたんですが、新潮文庫版をすべて買いなおしました。名作ですね、名作。 

『十二国記』については、いずれじっくり書きたいと思います。

泰麒が大好き。

節操なしの好きなジャンルについて

好きなジャンルは歴史小説、ミステリ、ファンタジー、ホラーも好きです。純文学以外はなんでも読みます。ライトノベルや児童文学も大好きです。

以前は日本史が好きで歴史小説や時代小説をよく読んでいましたが、ここ数年はほとんどミステリかも知れません。

なんとなく読んだ黒川博行さんの『後妻業』がさくさく読めて面白く、他の小説も読んでみようかなと思って手にとった「疫病神」シリーズにはまりまして、怒涛の如く読み漁りました。本当にはまりやすいw

 

松本清張を読み漁る

「疫病神」シリーズのあとは、待ち合わせの時間つぶしに買って、何気なく読んだ松本清張が面白くて案の定はまりました。『黒革の手帖』しか知らなかったのですが、人間の業の深さみたいなものが物語の根底にあって、どれもこれも読ませる。まだまだ読みつくしていないと思うので、今後も楽しみです。 

他にも好きな作家さんはたくさんいます。司馬遼太郎、永井路子、恒川光太郎、宮部みゆき等々。いずれ、ひとりひとり、一作品ずつ、書いていけたらいいなと思います。