夜もすがら

老後資金を貯めるためのブログ

老後資金の必要性を自覚する

はじめまして。文月と申します。

老後資金を貯めるべく、貯蓄のこと副業のことなどブログで記録していこうと思います。

老後資金2,000万円問題

 40代シングルにして、まさかの貯蓄ほぼゼロ。そのうえカードローンの借金まであり、しかもそのお金が何に消えたのか、さっぱり把握できていないといういい加減さ。

コールセンター勤務の派遣社員、特別なスキルがあるわけでも、実家が資産家なわけでも、玉の輿婚の未来があるわけでもないのに、この老後への危機意識の無さはなんだったのでしょうか…。

働けなくなったら「生活保護でももらえばいいや」くらいに、軽く考えていました。 

f:id:yomosugarax:20200823201844j:plain

そんなお気楽な自分を目覚めさせてくれたのは、昨年2019年に話題になった「老後資金2,000万円問題」です。2,000万円は夫婦ふたりの資金額なので、そう単純なものではないでしょうが、ひとり分なら2で割って1,000万円ということになります。貯蓄ゼロの人間にとって、1,000万円は非現実的な金額です。

そのときも「は? どこの世界のどの金持ちを基準にした金額なんですかぁ?」と、馬鹿馬鹿しくすら思いました。そしていつもなら、そんな非現実的なお金の話はたちまち脳裏から消去されるんですが、この問題に限っては何かがひっかかったんですよね。 

老後の生活費といえば年金です。そのために、就職してからというもの厚生年金を払い続けてきたわけです。が、いくらもらえるのかを考えたことがありませんでした。

そもそも私って年金をいくらもらえるの? 年金だけで暮らしていけるの?

40代にしてはじめて思いいたる…アホすぎて笑うしかないw

老後資金はいくら必要なのか

 年金やら税関係の書類を放り込んでいるファイルから、開いてさえいない昨年のねんきん定期便をひっぱり出し、ねんきんネットで将来の年金額を試算しました。

結果は、60歳まで現状と同程度の厚生年金を払い続けた前提で月あたり10万円ほどの支給額でした。

正直、思ったより高かったので内心少し安心しました――けど、いやいや待て! 現在の経済状態から考えて、老後も贅沢をしなければ賃貸料を含めて15、6万円あれば何とかなると思われる。年金との差し引きで、月5~6万円の赤字。

じ、じゃあ、年金受取開始を65歳からとして、そこから20年生きたとしたら?

 赤字分6万円×12カ月×余命20年=1,440万円

嘘でしょーーーー!! 1,000万円超えてるじゃん!!  ま、まあ、現役を退けば車は手放すし、赤字は6万円→4万円に削ろう…。

赤字分4万円×12ヶ月×余命20年=960万

それでも、おおよそ1,000万円!!

しかも老後資金が1,000万円で足りる前提は、健康であること、かつ20年以上生きないことという…

こんな底辺層な貧乏女の老後生活にさえ、1千万円もの大金が必要なのかと、奈落の底に突き落とされたような気がしました。